ごあいさつ

ごあいさつ

公益財団法人 山形県勤労者育成教育基金協会
                         理事長   佐 藤 昇 治


  当協会は、「ふるさと奨学ローン」を利用している勤労者に対し、対象のお子様が県内に就職・就業した場合に利子補給を行い、経済的負担を軽減させることによって若者の県内就労を間接的に支援し、山形県の産業経済の発展に寄与することを目的に、1993年11月に設立され、2012年には公益財団法人に認定されております。
  県勢発展のために重要なことは、申すまでもなく有為な人材の育成です。当協会は、山形県と県内全ての市町村、労働者福祉事業団体等から頂いた出捐金を原資に、これまで延べ15,754人に対して、約3億4千9百万円余りの利子補給を行い、当協会の目的を達成するため努めて参りました。
  2014年4月以降の利用者には、対象限度額を200万円から300万円に、補給利率年1.0%から2.0%に改正し、多くの皆様にご利用いただけるよう、より充実した制度に改善しております。
  また、2015年4月から公益事業を追加し、「若者の県内就職の促進および就業した際の労働知識向上の支援に関する事業」にも取り組んでおります。
 今後とも県勢発展のため微力ながら努めて参る所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。


(2018年2月)
アクセス情報

大きな地図で見る

Access 348,945pv (2013.07.19〜) Today 125pv Yesterday 252pv Contents 162pages